Aqua

lit coffee service

ほっと一息つけるカフェ

ロースタリーカフェ「lit coffee service」を経営する尾宮さんにお話を伺いました。小手指駅から徒歩10分、都会の喧騒から離れて、ほっと一息つける素敵なお店です。

1. メニューについて

lit coffee serviceでは、コーヒーをはじめとするドリンクとスイーツを堪能することができます。ドリップコーヒーではお豆の種類を選ぶことも可能です。また、タンブラーを持参されたお客様には20円引きという、環境に配慮したサービスも提供されています。人気のメニューは、ミルクコーヒーやミルクチョコレートで、可愛いラテハートも楽しむことができます。

尾宮さんのおすすめのメニューは、ドリップコーヒー。季節によってその都度お豆が変わるため、飲み比べて、味の違いを感じてもらえたら嬉しいとのことでした。 尾宮さん自身、浅煎りがお好みで、お店でも浅煎りのお豆を中心にコーヒー豆が展開されています。浅煎りのお豆だと、酸味が嫌だと感じる方もいるそうですが、嫌な酸味というのは劣化した悪いお豆の酸っぱさであって、良いお豆を適切に抽出すれば、ブラックでも苦味のないさっぱりとしたコーヒーを飲むことができます。実際に、浅煎りのケニアをドリップで頂きましたが、シトラスのようなフルーティーな風味が特徴的で、甘みがあって非常に飲みやすかったです。

他にもチーズケーキを頂きましたが、なんとチーズケーキも尾宮さんご自身で作られているそうです。濃厚な味わいですが、上品な甘さと程よい酸味で食べやすく、最後まで美味しく頂きました。

尾宮さんにメニューのこだわりを伺ったところ、「入り口はなんでもいいので、お店に来て、好きなものを食べて、美味しいと感じてもらえれば十分」とおっしゃっていたことが印象的でした。

2. お店について

尾宮さんはお店をオープンする前は、看護師として福岡で働いていらっしゃいました。実は、福岡はコーヒーの街と呼ばれるほどコーヒーが有名で、たくさんのコーヒーショップに足を運ぶうちに、コーヒーに興味を持つようになったそうです。その後、看護師を辞め、実際にコーヒーショップで働かれて腕を磨き、2019年12月に地元小手指でlit coffee serviceをオープンされました。lit coffee serviceでは、カフェの他にも、お豆や抽出器具の陳列販売、通信販売が行われています。

お店には、全開放可能なガラス戸が設置され、開放感溢れる雰囲気です。インテリアがおしゃれに配置されている店内ですが、インテリアの中でも植物にこだわりがあり、新所沢にあるsumikaさんというフラワーショップで購入しているそうです。このsumikaさんと心のスパイスカレーさんという小手指のカレー店とコラボして、月に一回「植物とカレーとコーヒーの日」というイベントを設けられています。他にも様々なお店との交流があり、lit coffee serviceならではの体験を楽しむことができます。

3.客層について

老若男女問わず、たくさんのお客様が足を運ぶlit coffee service。Instagramをきっかけに、若い世代を中心としたお客様が多くいらっしゃるようになりました。気持ち良くお店を利用するために、席を離れての撮影や立ち上がっての撮影の禁止など写真撮影にはルールが設けられています。小手指駅から近いこともあり、所沢キャンパスの学生も多く訪れているようです。また、お店の落ち着いた雰囲気や美味しいお豆を求め、リピーターや常連さんもいらっしゃいます。

4. 人々を魅了するコーヒーの世界

続いては、尾宮さんが教えてくださったコーヒーについてご紹介します。一言でコーヒーといっても、生産国や農園、焙煎の方法や時間などの様々な要素によって、味は大きく変化するのです。そもそも、コーヒーは、北回帰線と南回帰線の間にある赤道地帯、コーヒーベルトと呼ばれる場所でしか生産することができません。また、コーヒーを育てるには、土壌や寒暖差が極めて重要である為、標高の高い、山がちな地形で生産されることが多いです。コーヒーの品種は、アラビカ種とロブスタ種の大きく二つに分けられますが、lit coffee serviceでは高品質なアラビカ種のコーヒーを扱っています。低地で生産可能であり、機械によって大量生産されているロブスタ種とは異なり、アラビカ種は、機械が搬入できないような地域で、コーヒーを手摘みで収穫し、一つ一つ丁寧に作られています。また、lit coffee serviceでは、アラビカ種の中でも、スペシャリティーコーヒーという最高品質のお豆を使用しています。スペシャリティーコーヒーは、お豆の品質が担保されているのはもちろんのこと、流通されるまでの経路が明確で、誰が何処で関与しているかを追跡することが可能です。お店ではそれほど信頼性の高いお豆が扱われているのです。他にも、ペーパーフィルターやコーヒープレスといった抽出方法、淹れ方のテクニックやお豆の挽き目によっても、風味は大きく左右されますが、中でもお水は大切な要素です。実はコーヒーは99%をお水が占めていて、残りの1%がコーヒーであるため、おいしいコーヒーを淹れるためには、おいしいお水が必要不可欠です。天然水のような軟水を用いることで、爽やかで飲みやすいコーヒーを自宅でも簡単に淹れることができます。

普段飲んでいるコーヒーも、お豆やその生産地に思いを馳せて飲むだけで、いつもと違ったように感じるかもしれません。

5. 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルスの感染が拡大する直前である2019年12月にお店がオープンしたものの、大きな打撃を受けることは無かったそうです。感染拡大により、自粛生活が強いられたことで、地域のお客様が地元である小手指にとどまり、テイクアウト需要が高まりました。

店内では、感染症対策として扉を開放させることで、常に換気が行われています。また、アルコールやサーキュレーター等も設置しており、十分な感染予防対策が行われています。

地域に密着した地元の方に愛されるカフェlit coffee service。尾宮さんのこだわりがたくさん詰まっています。小手指にお越しの際は、是非足を運んでみてください。

lit coffee service

埼玉県所沢市小手指町2-11-10 石田ビル

オンラインストアはこちら